• お問い合わせ電話:070-6440-9942
  • お問い合わせメール

2014年度 過去のプログラム

12月2日(火)
葛西臨海たんけん隊プログラム@江戸川区立清新第二小学校実施レポート

「学校教育に対する海洋教育の提供」活動記録
(江戸川区立清新第二小学校)

江戸川区立清新第二小学校の 総合的な学習の時間についての年間計画と
「葛西臨海たんけん隊プログラム」の位置づけについて

本校4年生の総合的な学習の時間の学習の1つである「地域の中の環境施設・エコについて考えよう」の中で、環境問題などの学習を行った後に、「海水や海で生きる生物について知ろう」という単元を設け、そこに対応する形で「葛西臨海たんけん隊出前授業」を実施する。


<本授業のねらい>
本授業までの総合的な学習の時間の中で、環境問題について調べ、私たちの生活と環境問題が大きく関わっていることを学んだ。そこで、本校の周辺には、葛西臨海公園や新左近川親水公園、左近川など海や川などが多くあることから、自分たちの周りに住む生物について知り、生物の生きる環境や自分たち自身のための環境を守っていきたいという気持ちを育てていきたい。

本単元のまとめとして、環境を守るために自分たちにできることや学校でできることをまとめ、全校児童への啓発も含めて、全校集会で発表する。

実施概要

実施日 12月2日(火)
【3時間目】10:40~11:25・【4時間目】11:30~12:25の2時限
対 象 江戸川区立清新第二小学校4年生1クラス11名(男3名、女8名)
講 師 馬渡和華、宮嶋隆行
インターン 古川麗
主 催 一般社団法人 葛西臨海・環境教育フォーラム
特別協賛 株式会社ロッテ
助 成

地球環境基金

日本財団平成26年度助成

後 援 江戸川区
インタープリター 古瀬浩史・渡辺未知・宮嶋隆行
テーマ 私達の生活は様々な生きものによって支えられている。
ゴール チリモンが海の中にいることや、海の中での役割が分かるようになる。
目 的 ①チリメンモンスターの簡単な見分けがつくようになる。
②チリモンを自分の言葉で説明できるようになる。
③チリモンの海の中での生態的な役割を知る。

※「目的」とはゴールに至るまでの段階を示します。

葛西臨海たんけん隊や葛西臨海公園について解説

実施風景(自分の目でチリモンを分類してみる)

ルーペを使って分類する

気に入った・気になったチリモンをスケッチする

 

スケッチしたチリモンを様々な視点で分類する

みられる季節・形・色などで分類する。

講義~チリモンが生態系の中で果たす役割・重要性

「チリモン」とは何か?
−海の生きものの赤ちゃんや、プランクトンなど。
−海の中の食べる食べられるの中で重要な位置にある。
−海の中の生態ピラミッド→みんなが普段食べている魚も。

2014年度 過去のプログラムへ

このトップページのトップへ+