• お問い合わせ電話:070-6440-9942
  • お問い合わせメール

2014年度 過去のプログラム

9月30日(火)・10月2日(木)
インタープリター養成講座 第5回(実践編第2回)

「学校教育に対する海洋教育の提供」活動記録
(江戸川区立清新第一小学校)

プログラム概要

実施日時 2014年9月30日(火)、10月2日(木)の2日間
実施時間 午前の回 10:35~12:10
午後の回 13:30~15:05
場 所 江戸川区立清新第一小学校
対 象 5年生 142名(4クラス)
タイトル プランクトンって知ってるかい?
スタッフ

石丸隆
(東京海洋大学名誉教授・一般社団法人 葛西臨海・環境教育フォーラム理事:養成講座講師、プランクトン専門指導講師)

村瀬敦宣
(東京海洋大学博士研究員:授業立案・講師)

坂田大輔・小川結希・馬渡和華・宮嶋隆行
(葛西臨海たんけん隊:インタプリテーションアドバイザー、授業補佐)

村井俊太
(東京海洋大学:授業立案・講師)
※村瀬さんと村井さんは2014年に実施した葛西臨海・環境教育フォーラム主催の「海洋教育インタープリター養成講座」の修了生です。

主 催 一般社団法人 葛西臨海・環境教育フォーラム
協 力 東京海洋大学江戸前ESD協議会
後 援 江戸川区
特別協賛

地球環境基金

助 成

地球環境基金

日本財団平成26年度助成

本授業のカリキュラム上の位置づけ(単元目標・指導計画等)

1.対象

江戸川区清新第一小学校5年生 4クラス142名(35名2クラス・36名2クラス)

2.教科

理科

3.単元名

生命のつながり(3) メダカのたんじょう

4.単元目標

動物の発生や成長について興味・関心をもって追求する活動を通して、動物の発生や成長について推論しながら追求する能力を育てるとともに、それらについての理解を図り、生命を尊重する態度を育て、動物の発生や成長についての見方や考え方をもつことができるようにする。

5.単元指導計画

①メダカのオスとメス(1時間)
②メダカのたまごの変化(4時間)
③水の中に小さな生物(3時間):池の水の中に、メダカなどのサカナの食べ物になるものがいるのか、池の水を観察する。水の中にいた小さな生物をメダカが食べるか実験を行う。
④水の中に小さな生物(2時間):海水を観察することで、海の中にも小さな生物がたくさんいて、魚などの食べ物になっていることを理解する。
※上記④が今回の授業に対応する。

実施スケジュール

配分
(分)
課題名 スタッフ作業 ねらい
10 葛西臨海たんけん隊とは?   葛西臨海たんけん隊の趣旨を知ってもらう
5 プランクトンって知ってるかい? 児童にプランクトンとは何かを質問 プランクトンについてどれだけ知っているかを把握しつつ、興味関心を惹きつける
5 これがプランクトンだ! 採集方法の紹介を見たあとに、実際にプランクトンの入った小ビンを机ごとに回す 今回観察する生き物は目に見えないほど小さいことを知ってもらう
5 顕微鏡の使い方 顕微鏡の使い方を班ごとに指導
(村井:口頭;馬渡:実演)
顕微鏡の使い方について理解する
20 生物の観察 観察ができているかどうか班ごとに確認、途中で動物・植物プラクトン双方の違いを確認する 水中に棲むプランクトンの形態や多様性について理解する
5 休憩    
15 スケッチ カードを配り、黒板に模造紙を貼り付ける 水中に棲むプランクトンの形態や多様性について理解する
10 食物連鎖について 模造紙にスケッチを描いたカードを貼ってもらった後に水の中の小さな生き物の位置づけについて口頭説明 プランクトンの水の中での位置づけについて知る
5 プランクトンってこんな生き物 プランクトンの定義について簡単に説明、海の大切さについても簡単な解説をいれる プランクトンと呼ばれる生物の特徴について知る
10 今日学んだこと 班ごとに意見を出し合ってもらい、事後アンケートに記入してもらう 今回の授業で学んだことを確認する
5 おわりの挨拶    

葛西臨海たんけん隊についての解説

葛西臨海たんけん隊の設立主旨、活動場所や協賛・協力体制につて事務局長より説明をしました。

プランクトンについて

「プランクトンとは何か?」からはじまり、どうやってつかまえるのかをプランクトンネットを実際に見てもらいながら解説をします。また、実際にプランクトンの入った海水も見てもらいました。

プランクトンの観察

顕微鏡の使い方をおさらいしたのち、実際にプランクトンと観察します。このプランクトンは当日の朝、東京海洋大学のポンドで採集してきたものです。

途中、モニターを使って動物と植物プランクトンについて紹介をしました

スケッチ

顕微鏡を使って観察したプランクトンの中から、気になったものをスケッチします。

食物連鎖について(アクアフォートレス)

「アクアフォートレス」と呼ばれる魚とプランクトンの関係を示した図に、みんなが書いたプランクトンの絵を貼っていきます。これで海の中の食物連鎖について学びます。
この「アクアフォートレス」は葛西臨海たんけん隊が実施した海洋教育インタープリター養成講座の受講生が作成した教材です。

振り返り

プランクトンとは何か、プランクトンと食物連鎖の関係についておさらいをし、海の中の小さな生き物の役割とその大切さについて学びました。

2014年度 過去のプログラムへ

このトップページのトップへ+