• お問い合わせ電話:070-6440-9942
  • お問い合わせメール

2012年度 過去のプログラム

2012年10月6日(土)、7日(日)レポート

自由参加型環境教育プログラム

参加者数 10月6日(土):41組 106名
10月7日(日):35組 100名
合計参加人数 2日間合計:76組 206名

10月6日(土曜日)と7日(日曜日)に葛西臨海たんけん隊環境教育特別プログラムを実施ました。
二日目は残念ながら午前中ずっと雨だったためいつもよりも公園にいらっしゃるお客様は少なめでしたが、それでも2日間で200名を超える方にご参加いただくことができました。
ありがとうございました。

統一的なコンセプト「東京湾の生きものに出会おう!」を設定し、解説ポイント相互に、別のポイントで何をしているのかを理解し、次に訪問するポイントへの誘導を行いました。

実施風景

チリメンモンスターをさがせ

場所:クリスタルビュー
ディレクター:東京海洋大学教授・小会理事 河野博と魚類学研究室学生・院生

お魚ふうせん

場所:クリスタルビュー
ディレクター:東京工科大学教授・小会アドバイザー 若林尚樹教授と同大デザイン学部学生
河野先生に学問的監修をいただき、全7種のお魚をデザインしました。

 

西なぎさ

場所:西なぎさ なぎさ橋を渡って右手100m付近の海浜
ディレクター:小会理事古瀬浩史
プランクトンネットを活用したプランクトン採取と観察を行いました。

 

水族園

場所:葛西臨海水族園園内(東京湾水槽前)
ディレクター:鳥屋尾健
恒例となったすしネタサンプルを使った解説を実施。葛西臨海たんけん隊の申込者かどうかを問わず、お越しいただいた皆様に解説を行いました。

鳥類園

場所:鳥類園ウォッチングセンター ディレクター:中村忠昌(6日)、大原庄司(7日) 昨年までの時間ごとに出発するツアー形式を改め、来園したお客様ごとに解説を実施スタイルとしました。

 

2012年度 過去のプログラムへ

このトップページのトップへ