• お問い合わせ電話:070-6440-9942
  • お問い合わせメール

活動場所

おもな活動場所

体験する施設等はプログラムによって異なります。

クリスタルビュー

クリスタルビュー

展望施設「クリスタルビュー」が葛西臨海たんけん隊の基地になります。この建物の1階でなぎさでとってきたいきものの観察や工作を行います。集合して、最初にインタープリターから説明を受けるのも、隊員みんなで仲良くなるのも、「江戸前」についてまず学ぶのもここでします。

様々な生き物が観察できる、なぎさ

様々な生き物が観察できる、なぎさ

なぎさでは生き物を採って観察をします。様々な道具を使い、実際にどんな生き物がどのようになっているのか、どんな生活をしているのか観察をしてみましょう。

公共機関との積極的な連携:江戸川区こども未来館

江戸川区こども未来館

子ども未来館は2010年4月29日に開館したこどもたちのための施設です。子ども未来館には本を読んだり、借りることができる子どもライブラリーと、ふしぎなことを調べたりする子どもアカデミーがあります。葛西臨海たんけん隊のプログラムでは、子ども未来館で顕微鏡を使った観察なども行われます。

子ども未来館の詳しいことは、江戸川区のホームページから→施設ガイド→女性・子育て関連施設→子ども未来館で見てください。

鳥類園 ※プログラムによっては鳥類園を含まないものもあります

鳥類園 鳥類園

鳥たちが集う都内でも有数の場所となっています。鳥類園内にはバードウォッチングセンターがあり、鳥たちの様子を観察したり、葛西臨海公園・海浜公園で観察ができる鳥たちについての展示・解説がなされています。

大観覧車

様々な生き物が観察できる、なぎさ

葛西臨海公園でひときわ目を引く観覧車です。2011年5月現在、世界一大きい観覧車とされています。
葛西臨海たんけん隊でも、すべてのプログラムではありませんが、大観覧車を活用したプログラムを用意しています。大観覧車の頂点から見ると、ちょうど東京湾が一望できます。そして、一周17分の旅の間に、葛西臨海公園・海浜公園の全体像や、東京湾の広さや自分たちが住む町の様子などを実感してください。

葛西臨海水族園

葛西臨海水族園 葛西臨海水族園

国内でも有数の水族館です。葛西臨海たんけん隊では、マグロの回遊水槽や東京湾や伊豆、小笠原まで含めた海の生きものを展示する「東京の海」、あるいは淡水の生きものを展示した「淡水生物館」などを中心にプログラムを行います。(プログラムによっては葛西臨海水族園を含まないものもあります)

東なぎさ

葛西海浜公園には東西二か所の人工なぎさがあります。西なぎさは誰でも立ち入ることができます。葛西臨海たんけん隊で海にふれる活動は西なぎさを中心としています。

一方の東なぎさは、一般の人の立ち入りが禁止されている鳥たちの聖地です。こちらは特別の許可がないと入れません。葛西臨海たんけん隊でも東なぎさを使ったプログラムは現在のところありません。

このトップページのトップへ